ガノデリン酸化合物含有(ルシデニン酸誘導体)鹿角霊芝専門通販ショップ。「鹿角霊芝」「にが茶」

熊本県近代農事組合産品鹿角霊芝取扱店。鹿角霊芝の素晴らしさをもっと多くの人に知ってもらいたい。そして元気を願う人の力になりたい

鹿角霊芝本舗 » 鹿角霊芝コラム

鹿の角の形をした幻の霊芝~それが鹿角霊芝

鹿の角の形をした幻の霊芝

 鹿角霊芝は、和名をマンネンダケといい、霊芝の一種になります。

霊芝が湿度、日照などの特定の条件下にて成長すると、鹿の角のように枝分かれして育ちます。

それが鹿角霊芝です。

鹿角霊芝は自然界においては数万本に一本といわれ、まさに幻のキノコなのです。

鹿角霊芝は中国では不老長寿の仙草

まれにしか生じることのないキノコで、中国では古くから不老長寿の仙草として珍重されてきました。

特定の病気の治療に用いられるというよりも、病弱や虚弱な体質を徐々に改善して丈夫な体にするための生薬としての用法です。

日本でも霊芝の研究は盛んに行われてきました。
1970年代には中国と日本で人工栽培に成功。霊芝の入手が容易になったため、健康食品として広く使われるようになりました。

鹿角霊芝には傘が無い!?

普通の霊芝には傘がありますが、鹿角霊芝には傘がありません。
それは鹿角霊芝が「傘ができるまえの若芽のままで」成長して、繁殖直前の最も生体エネルギーに満ちあふている特殊なキノコだからです。
成長しすぎるとカサを開くものもありますし、そのまま先細りする鹿角霊芝もあります。

近年注目されるキノコ

近年、キノコ類が生活習慣病、特にガン・高血圧・糖尿病などに有効であるとする医学的報告が非常に多く、その中でもシイタケ、マイタケ、アガリクスなどの食用キノコが有名ですが、それらに共通する成分として、キチン質ならびにベータグルカンを中心とした多糖類が指摘されています。

鹿角霊芝が含有するベータグルカン量は50%以上と、他のキノコと比べてみても並外れて多く、そのほかにも薬理効果が高いゲルマニウムやセレンも含んでいるのが特長です。

最近の研究では、ベータグルカンだけではなく、ガノデリン酸という鹿角霊芝特有の苦味成分が有用成分として注目されています。

鹿角霊芝「にが茶」で煎じを愉しむ

霊芝(サルノコシカケ)などを煎じて飲用するという行為は、昔からその地方や家庭に伝わる大衆の療法とされてきました。

煎じは、その日の体調に応じて煮出す時間や分量を変えたり、味や成分濃度を自分で調整でき、市販品にはない自由度があります。

また、煎じは「飲む」だけでなく、煎じを「つくる」という行為全体を通して、カラダの健康だけでなく、心の癒しのひと時としても愉しむことができます。

ぜひ、皆様も、鹿角霊芝「にが茶」を自分流の煎じ方で毎日のご健康にお役立て下さい。

鹿角霊芝の昔ながらの健康法

霊芝のご本家中国でhあ、最古の薬学書とされる「神農本草経」(後漢25~220)に「不老長寿、延命の神仙薬」として記載されて以来、薬用として用いられてきた経緯があります。日本では「サルノコシカケ」として古くから重宝され、民間療法として使用されていました。

この霊芝の2~6倍の含有成分を持つのが「鹿角霊芝」です。

霊芝が鹿の角のように枝分かれして成長したもので、自然界においてはとても希少な霊芝です。

株式会社リ・ファーマーでは鹿角霊芝を栽培するととともに、地元熊本大学との共同研究を行い、鹿角霊芝の健康由来について科学的に検証しました。

その研究成果に基づき生まれたのが「にが茶」です。。

残念ながら日本では医薬品として認められていない以上、効能や事例などについてはご紹介出来ませんが、霊芝は昔から私たちの日本人の健康を支えてきた食品であることを知っていただき、霊芝を皆様の毎日の健康にお役立て頂ければと思います。

ようこそ鹿角霊芝本舗へ

いらっしゃいませ。店長の斎藤です。食欲不振で体調がいまいちという方は、ぜひ鹿角霊芝を日々の活力源としてご活用ください。鹿角霊芝についてご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。