ガノデリン酸化合物含有(ルシデニン酸誘導体)鹿角霊芝専門通販ショップ。「鹿角霊芝」「にが茶」

熊本県近代農事組合産品鹿角霊芝取扱店。鹿角霊芝の素晴らしさをもっと多くの人に知ってもらいたい。そして元気を願う人の力になりたい

鹿角霊芝本舗 » 鹿角霊芝について » 鹿角霊芝って?

鹿角霊芝って?

何千年もの時代を超え語り継がれる伝説のキノコ。それが「鹿角霊芝」

鹿角霊芝は幻のキノコ。霊芝の変異体で自然界には数万本に一本

鹿角霊芝写真

 鹿角霊芝は、和名をマンネンダケといい、霊芝の一種になります。霊芝が湿度、日照などの特定の条件下にて成長すると、鹿の角のように枝分かれして育ちます。それが鹿角霊芝です。鹿角霊芝は自然界においては数万本に一本といわれ、まさに幻のキノコなのです。

まれにしか生じることのないキノコで、中国では古くから不老長寿の仙草として珍重されてきました。特定の病気の治療に用いられるというよりも、病弱や虚弱な体質を徐々に改善して丈夫な体にするための生薬としての用法です。日本でも霊芝の研究は盛んに行われてきました。1970年代には中国と日本で人工栽培に成功。霊芝の入手が容易になったため、健康食品として広く使われるようになりました。

普通の霊芝には傘がありますが、鹿角霊芝には傘がありません。それは鹿角霊芝が「傘ができるまえの若芽のままで」成長して、繁殖直前の最も生体エネルギーに満ちあふている特殊なキノコだからです。
成長しすぎるとカサを開くものもありますし、そのまま先細りする鹿角霊芝もあります。

近年、キノコ類が生活習慣病、特にガン・高血圧・糖尿病などに有効であるとする医学的報告が非常に多く、その中でもシイタケ、マイタケ、アガリクスなどの食用キノコが有名ですが、それらに共通する成分として、キチン質ならびにベータグルカンを中心とした多糖類が指摘されています。

鹿角霊芝が含有するベータグルカン量は50%以上と、他のキノコと比べてみても並外れて多く、そのほかにも薬理効果が高いゲルマニウムやセレンも含んでいるのが特長です。

ベータグルカンの含有量50%以上。
鹿角霊芝にはアガリクスの3倍以上のベータグルカン

一般的にキノコは食物繊維が豊富で低カロリー。カルシウムの吸収を助けるビタミンDも含まれています。不足しがちな食物繊維をおぎなうおすすめ食材です。その数あるキノコの中でも鹿角霊芝は、健康維持のために欠かせないβグルカンを約50%含有しています。鹿角霊芝のβグルカンはメシマコブの2倍、アガリクスの3倍の含有量はまさにキノコの王者といえます。

鹿角霊芝と他のキノコのベータグルカン含有量の違い

β(ベータ)グルカンって?

グルカンとは、ブドウ糖や果糖類などの糖類同士が結びついた「多糖体」の一種です。ブドウ糖だけがβ(ベータ)結合で多数つながった多糖体を「ベータグルカン」といいます。多糖体は、カラダのいたるところで水分を含んだ粘性の物質で、この水分を「体液」といい、大切な栄養素を補給したり運んだりします。これらを生命を支える物質で、年齢とともに減少し、老化現象の原因となります。このβグルカンがオリゴグルカンを作り出し、マクロファージを活性化します。鹿角霊芝はこのβグルカンを多く含んでおります。
詳しくは「ベータグルカンとは?」をご覧下さい。

 主成分はアミノ酸、タンパク質、ステロール、アルカロイドなどですが、具体的にはどの成分がどんな働きをするのか、ハッキリとした薬効成分や作用のメカニズムはまだよく解明されていません。からだの本来もっている自然治癒力を高め、免疫力を強化することによって、様々な症状に効果があると考えられています。

鹿角霊芝はβグルカンだけではない。鹿角霊芝に秘められたパワー

鹿角霊芝の特徴は、βグルカンに代表される豊富に含有するポリサッカライド:多糖類にあります。この多糖類の主力成分はβ-Dグルカンを筆頭に、ペプチドグルカン、キチン、キトサン等があります。また、鹿角霊芝には、糖質が全量の50%以上を占めており、その他タンパク質のアミノ酸・脂質などの3台栄養素が全量の80%以上も含有しています。さらに鹿角霊芝(一般霊芝含む)のもつ、ポリサッカライド(多糖)と苦味成分であるトリテルペン(脂質)には相乗効果を示す作用があり、食用キノコ類では唯一、鹿角霊芝(一般の霊芝含む)だけであることが分かっています。

鹿角霊芝原体100g中の栄養成分

水分 3.8g リン 0.16g
たんぱく質 17.6g 0.023g
脂質 16.0g マグネシウム 0.025g
糖質 50.7g ナトリウム 0.65g
繊維 3.7g カリウム 3.1g
灰分 8.2g ビタミンB1 0.0012g
カルシウム 0.21g ビタミンB2 0.015g

※鈴鹿医療科学大学委託研究資料より

鹿角霊芝に含まれる成分について

β1-3Dグルカン ブドウ糖のみが連鎖した多糖で、体内のオリゴグルカンを作り出し、免疫担当細胞類マクロファージを活性する作用があります。鹿角霊芝の特徴とも言われる有効成分であり自然治癒力活性のためには、最も欠かせない成分と言われています。
ペプチドグルカン 多糖タンパク複合体で、ウイルス進入やガン細胞が発生した場合の抗ガン免疫活性作用により免疫効果を発揮すると言われています。
キチンおよびキトサン 甲殻類や昆虫の外皮、軟体動物の器官に含まれ、キノコ類の細胞壁にも存在します。コレステロールの調整、免疫力の向上や尿素類の老廃物を吸着除去すると言われています。
トリテルペン類 鹿角霊芝特有の苦味成分で100種類以上含有していることが確認されています。肝油や深海鮫エキス、松葉に含まれる脂肪の一種で、基本骨格はスクワレンです。副腎皮質ホルモンを介し脂肪やコレストテロール等を分解促進すると言われています。
アミノ酸 生命の維持に欠かせないアミノ酸は、必須アミノ酸9種を含む100種類以上のアミノ酸が鹿角霊芝(一般霊芝)には含有していると言われています。

カラダに良いといわれるキノコの中でも、最も多くのベータグルカンを含み、栄養成分もたっぷりの鹿角霊芝。でもどうしてあまり知られていないのでしょうか?それは栽培の難しさにありました。

栽培が難しい鹿角霊芝

ようこそ鹿角霊芝本舗へ

いらっしゃいませ。店長の斎藤です。食欲不振で体調がいまいちという方は、ぜひ鹿角霊芝を日々の活力源としてご活用ください。鹿角霊芝についてご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。