ガノデリン酸化合物含有(ルシデニン酸誘導体)鹿角霊芝専門通販ショップ。「鹿角霊芝」「にが茶」

熊本県近代農事組合産品鹿角霊芝取扱店。鹿角霊芝の素晴らしさをもっと多くの人に知ってもらいたい。そして元気を願う人の力になりたい

鹿角霊芝本舗 » 鹿角霊芝について » β(ベータ)グルカンとは?

β(ベータ)グルカンとは?

グルカンとは、ブドウ糖や果糖類などの糖類同士が結びついた食物繊維(多糖体)の一種です。ブドウ糖だけがβ(ベータ)結合で多数つながった多糖体を「ベータグルカン」といいます。多糖体は、カラダのいたるところで水分を含んだ粘性の物質で、この水分を「体液」といい、大切な栄養素を補給したり運んだりします。これらを生命を支える物質で、年齢とともに減少し、老化現象の原因となります。このβグルカンがオリゴグルカンを作り出し、マクロファージを活性化します。鹿角霊芝はこのβグルカンを多く含んでおります。
ベータグルカンはその構造により、1-3Dグルカン、1-6Dグルカン、1-4Dグルカンに分類され、その中でも1-3Dグルカンが健康維持に役立つことが最近分かってきました。

■ベータグルカンの分類

ベータグルカンの分類

免疫賦活成分β-(1,3)(1,6)-Dグルカン

鹿角霊芝に多く含有するβ-Dグルカンには、免疫賦活作用があると言われています。日本食品分析センターでは、「β-Dグルカン」とは(1,3)(1,6)-Dグルカンという特定のβ-Dグルカンのことを言うとしています。このことは、キノコ類全部のβ-Dグルカンを指しているのではなく特定のβ-Dグルカンをいいます。
この(1,3)(1,6)というのは、β-Dグルカンの種類のことで、グルカン(ブドウ糖)の結合状態で分類されています。樹木で例えると幹の部分を「主鎖」といい、枝の部分を「副鎖」といいます。β-Dグルカンは、この主鎖の部分が重要とされキノコの種類によって異なり、示す作用も異なることがわかっています。

鹿角霊芝 メシマコブ・ヤマブシ茸 椎茸・アガリクス
β-(1,3)Dグルカン主鎖 β-(1,4)Dグルカン主鎖 β-(1,6)Dグルカン主鎖
β-(1,3)Dグルカン主鎖 β-(1,4)Dグルカン主鎖 β-(1,6)Dグルカン主鎖

鹿角霊芝に含有されるβ-Dグルカンの含有量は、アガリクス茸の3~4倍もあり、β-Dグルカンを含有するキノコ類の中でも別格の48~53%という驚愕の含有量を誇ることで注目されはじめています。また、様々な研究の結果、免疫賦活作用に最も理想的とされる連鎖タイプが主鎖をβ(1→3)とするグルカン結合であることが判明しつつあります。

臨床現場で活躍するβ-(1,3)D-グルカン

 実際に同種の多糖体からβ-1・3Dグルカンの免疫力を利用して、制癌剤(免疫賦活剤)として厚生省認可を受けたPSK・レンチナン・ソニフィランの3種類がそれで臨床現場でも癌の抑制効果が確認されています。実根拠として、オリゴグルカンを作り出し免疫担当細胞(マクロファージ・T細胞・B細胞・NK細胞など)を活性化し抗体・インターロイキン・インターフェロン等の生産やガン細胞への攻撃を活性化させることで効果を示すとしています。

このように鹿角霊芝に含有するβ-Dグルカンは、免疫賦活作用に有用なものといえるのではないでしょうか。

→鹿角霊芝(1/3Dグルカン主鎖)のβグルカン含有率約50%あり、その約90%がβ(1,3Dグルカン)とされています。

ようこそ鹿角霊芝本舗へ

いらっしゃいませ。店長の斎藤です。食欲不振で体調がいまいちという方は、ぜひ鹿角霊芝を日々の活力源としてご活用ください。鹿角霊芝についてご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。